So-net無料ブログ作成

新商品カカオ95 香り濃厚に。明治チョコレートがもたらす効果 [お菓子・デザート]

◆商品名
チョコレート 明治 チョコレート効果(ラインナップは複数)
◆購入理由
ポリフェノールのもたらす効果に期待して購入
◆選択理由
他のメーカーの同様な品と比べても効果がありそうだと判断したため

ある年代の人達にとってはカタカナ、それも聞き慣れない新しい物であればあるほど、もはや信仰と言っても過言ではないような過度の期待をそれに求める傾向があると思えてなりません。

私の家族がまさにそうですから。テレビから一方的にもたらされる情報の洪水を、信憑性も念頭に置かずに盲信しているようにも見えるのです。まあ、それを楽しんでもらえるのならそれはそれで結構なことなのですが。

私の目の前に出されたのは観たことも無い、おそらくは新製品の袋入りパックのチョコレートでした。また始まったか。正直そう思ったのです。

です予期に反して舌の上で滑らかにとろけるチョコはそれまでの量産品とは全く異なっていました。カカオの味が非常に濃厚です。それに香りもとても良かった。

なに、これ。家族に問うてみると、差し出された箱は高級感溢れるデザインでした。

書かれていた数字にも目が留まりました。72%という表記は意味深でしたね。甘い物をある理由で控えてはいた私ですが、翌日の仕事の帰り、帰途とは反対側にあるスーパーに自然に脚は向かっていました。

チョコが並べられている列に久し振りに向かうと、昨日のそれはでんと置かれていました。さらに86%、95%などなど。どこがどう違うんだ。手にしてみると最初に分かったことは値段は同一だけれど高濃度の物ほど内容量が反比例しているという、消費者にとっては有難くない事実でした。

それでも結構な売れ行きのようで、用意されていたはずの商品の多くはすでに消えていたようです。よし、俺も男だ。自分にこう言い聞かせて、乏しい小遣いの中からチョコとしては安くはないそれらの中から一番善い物を買う決心をしました。

家族と一緒に楽しむため、普段なら中途で行うはずであろう立ち食いを敢えてせずに道を急ぎました。さて家族の喜ぶ顔を確認して、芝居がかった大仰なしぐさをしてみて、お互いの口に新しいチョコを入れました。

ですが今度は勝手が違いました。カカオの香りはより濃厚にはなっていましたが、広がるであろう甘味どころか、さわやかでけれどもやっぱり苦いという、カカオ本来であろう味が感じ取れました。決して不味いわけではない。

だけれども、という表現ならご理解頂けるでしょうか。さすがは95%でした。私の家族もそうですがこういったブームとも呼べる現象は直ぐに広がります。

週に一度の割引の日を期待して買いに行ってもらったのですが、最初に口にした種類は既に完売しており、86%だけが入手出来たのです。個人的な好みではこれが一番でしたが。

ポリフェノールの効果に期待して私がこの手で購入したのは国産の有名メーカーだ販売している無添加の赤ワインでしたが、こちらの方は売り切れとまでは行って無いようです。ですが今度ばかりは家族の判断は正しかった。

ブームというのも看過できないと素直に思えました。
nice!(0) 

nice! 0